インデックス投資家からの脱却 (アンチインデックス)

インデックス投資を嫌うブログ主による駄ブログです。

デジタル・ガジェット

日本はデフレで物価が安い?

パフォーマンス以外に書くことが無かったこのブログ。
トレード休止してからだと何も書くことがありませんでした。
Twitterだと適当なことを書いてますが、投資には何の役にも立ちません。


最近ノートPCを買おうといろいろ調べているうちに、タイトルのような疑問が浮かびました。

想定しているノートPCの用途は
Webブラウズ、メール、Officeソフト、R言語のプログラミング
ちなみにR言語のプログラミングでやろうとしている事は
TDNetなどから上場企業の財務データを引っ張ってきて分析するというもの。
日本では上場企業が約4000社あり、その財務データを四半期ごとに3年分取得しようとすれば
4000*4*3=48000
となり、最低でも48000行のデータを取り扱うことになります。
変数の数はどのような財務分析を想定するのかにもよりますが、
B/S、P/L、キャッシュフロー計算書のある程度の情報を格納しようとすれば、変数が100ぐらいは必要でしょう。

さらに株価データを毎日取ろうとすると、市場の営業日が約250日なので

4000*250=1,000,000
100万行のデータを格納する必要があります。

このようなデータを分析しようとすれば大量のメモリが必要になります。
また、CPUパワーもあった方が良いでしょう。
ということで、メモリ8GB以上を搭載しているノートPCを価格コムで探していたのですが、
そのようなPCは大体10万円前後。
SSD搭載にしたり、CPUやグラボのグレードを上げると15万円前後といったところ。
グラボは必要ないのですが、CPUのグレードを上げると必然的にゲーミングPCとなってしまってグラボが付いてきます。

それで大体買うPCの候補を絞れてきたのですが、試しにeBayで似たようなスペックのPCを探したところ、20~30%安いという事が判明しました。
もちろん新品です。

例えば私が候補にしていたMSI 15.6インチのノートが日本で買うとAmazonで143,880円
そして似たスペックのMSIのノートPCをeBayで購入すると大体103,000円(899ドル)
今より円高になると10万円切ります。
日本とeBayの価格差の理由が分かりません。
いわゆるおま国価格なのでしょうか。
ASUSがZenfone3でおま国価格を設定し、一部のスマホオタクどもから反感を買いましたがPCでもよくあることなのでしょうか。

これを見てeBayからノートPCを購入しようかなとも考えたのですが 、以下の問題があるため海外からの購入は見送る可能性が高いです。
・海外PCはキーボードがUSキーボード
・初期不良や輸送時の故障が発生した場合の返品手続きが面倒
・国内サポートを受けられない

キーボードは気に入った外付けキーボードを使えば良いのでしょうが、ノートにわざわざ外付キーボードを付けるというのも煩雑で、スペースをとります。
省スペースにするためにノートPCを検討しているのに本末転倒です。

個人的に一番大きい理由が2番目の初期不良等の対応。
eBayでいろいろなものを購入した人のブログを見ていると、なんだかんだありながらも最終的には返品や交換が成立していますが、海外とのやりとりは面倒です。

3番目の国内サポートなんぞ、今使っているNECのノートPCでも受けた事は無いですが、あるのと無いのとでは心理的にちょっと違います。


というわけで、国内の割高PCを買おうと思います。


ちなみに私が趣味にしているロードバイクについても、自転車パーツは国内と海外でかなり値段が違います。
自転車パーツと言えば日本のシマノという会社が作っているのですが、なぜか海外の方が安い!

シマノ ULTEGRA 6800 コンポセット を国内のAmazonで買うと86,168円
海外通販で買うと約70,000円
日本はボったくられている気がします。
賃金水準はアメリカやイギリスより低いのに、アメリカやイギリスより高いという。
生活必需品や外食費が安いというのはもちろん嬉しいのですが、PCや自転車パーツももっと安くなって欲しいと思います。
デフレ最高!


 

Huawei Fit レビュー (不満点)

前回の記事ではHuawei Fitの良い点を書きましたが、今回は不満点です。

・万歩計の精度がむちゃくちゃ
これは腕時計型なのでしょうがないのですが、腕が動くと万歩計の歩数がカウントされます。
家の中でちょこちょこ動いたり、家事をするだけで計測結果が1000歩を超えたりします。
また、私はボールジャグリングが趣味で腕をよく動かすのでその分も歩数としてカウントされます。
という事で万歩計機能のカウントについては全く信用できません。
歩数ではなく、「何らかの行動を行った目安の数字」としては使えると思います。

・トレーニングのメニューが少ない
トレーニングメニューとして、純正アプリのHuawei Wearには「ランニング」、「ウォーキング」、「サイクリング」しか用意されていません。
製品自体は防水を謳っており水泳に使う事も可能とアナウンスされていますがなぜか水泳メニューがありません。
まぁ、5気圧防水では本格的な水泳に使うのはリスクがあるのであえて水泳は推奨していないのかもしれません。
また、筋トレのメニューもありません。
ただ、これには解決策があります。
Huawei WearアプリをGoogle Fitアプリ、またUnder Armorのアプリと連携することでそれぞれのアプリが対応しているさまざまなトレーニングに対応することが可能です。
なお、Under ArmorアプリとHuawei Wearアプリの直接の連携は無理なので
Huawei Wear⇔Google Fit⇔Under Armor
とGoogle Fitアプリを介しての連携になります。

・時計機能での不満点
スポーツ用のガジェットなのにストップウォッチ機能がありません。これはちょっとどうかなと思いました。
また、時計は秒単位で時刻を表示してくれますが、それはHuawei Fitの表示がアクティブの時だけ。
腕を動かしていないと省電力モードになり秒単位の時刻を表示してくれなくなります。 

・Android Wear非対応
ウェアラブル端末なのにAndroid Wear非対応はちょっとどうかなと思いました。

・見た目が時計なので他の時計と一緒に腕に装着するのは不可能
例えば、Fitbit Flex2であればリストバンド型なのでお気に入りの時計とFitbitを両方腕に装着することは可能です。例えば、ストップウォッチ機能付きのスポーツウォッチとFitbitの併用とかもできるわけです。
Huawei Fitではそのような事はできません。
もちろん無理をすれば片腕に時計2つ装着することは可能ですが、そんなことをしたい人間はいないでしょう。


以上が主な不満点になります。
ただ、私個人はフィットネス端末について
・睡眠のログをきちんと取ってくれる
・心拍数が正確であること
を重視しているので上記不満点は特に問題とは感じていません。
ただ、マラソン大会を目的としたレベルの高い市民ランナーなどにはちょっと物足りないかもしれません。


本日ベルトをブラックに交換しました。
参考画像としてオレンジベルトの画像、ブラックベルトの画像を貼っておきます。



image


































2日間使用したHuawei Fit レビュー

Huawei Fitをヨドバシ梅田で購入し、2日間使用したのでそのレビューを書きます。

ちなみに買ったのはベルトがオレンジのもの。
本当はスーツの時にも使えるようにブラックモデルが欲しかったのですが、ヨドバシの店頭では売り切れ。
Amazon、楽天の各ショップ、ビックカメラWebでも売り切れてました。
人気がすごすぎるのか、千三両が少なかっただけかは分かりませんが、品切れはいただけないと思いました。
ただ、ベルトは一般の腕時計の18mmのものと互換性があるので、ベルトが気に入らない場合は交換できるのは良いと思いました。

Huawei Fitの主な機能は
単体では
・心拍数計測
・万歩計機能
・時計機能

スマホアプリとの連動では
・フィットネスモード(GPSによる走行距離や時間の計測など)
・睡眠、心拍の記録

まず使ってみて良いと感じた点を挙げます

・電池持ちが良い
フルカラーで通知機能満載のスマートウォッチは電池が持ったとして1日半ぐらいなようですが、Huawei Fitは機能がシンプルなため、公称で最大6日間持ちます。
私はHuawei Fitによるアプリの通知を全部切って使っています。
1月7日の21時ごろにフル充電し、このブログ記事執筆時点の1月9日の13時過ぎまでずっと使っていて、今の電池の残量はなんと90%
ガラケーばりの電池持ちです。
ただ、この連休にほとんど外出しておらず、フィットネスアプリとの連動がほとんど行われていないことが原因とも思われますのでそこは注意が必要だと思います。
最もフィットネスの時間はよほどのスポーツ好きでも土日合わせて10時間とかでしょうから、フィットネス機能の電池消費が本当に大きくない限りはかなり持つと思います。
フィットネス機能が必要でない通勤時、オフィスワークの時間などはスマホとのBluetooth接続を切っていればもっと電池持ちは良くなるものと思われます。

・心拍数が結構正確
かなり前ですが、大学生時代自転車競技を行っていたとき、心拍計を装着していた経験があるので自分の心拍は感覚的に分かるという経験が私にはあります。
その経験から分かる大体の心拍数とHuawei Fitが表示する心拍数に20ぐらい隔たりがあったので装着してしばらくは
「この心拍数絶対間違ってるわ」
と思っていたのですが、一度睡眠を挟むとなぜか正確になりました。
心拍数は健康指標で結構重要だと個人的には考えているので、心拍数が正確に測れるのはありがたいと思いました。

・睡眠のログも正確
睡眠と横になっての休息をどうやって区別しているか全くの謎なのですが、睡眠のログはかなり正確です。
レム睡眠、ノンレム睡眠の時間も記録してくれているのでかなりすごいなと思いました。 
私は思いのほか眠れているようで安心しました。

・5気圧防水対応
Huawei Fitを装着したままでの料理、皿洗い等の家事が可能です。
シャワーを浴びたりお風呂に入るのも可能だと思いますが、マニュアルには温水シャワーは避けるように書いてたのでお風呂の時は外しています。

・軽い
単純に軽いので装着時の違和感がありません。
重量の公称値は35グラム以下となっています。

次の記事では不満点を書いてみようと思います。



Chromecast買いました & レビュー & 電源について

新型Chromecastを本日家電量販店で購入しました。
購入したモデルはいわゆる新型Chromecast。4K対応のUltraではありません。値段は4980円。
ちなみにジョーシンで買いました。

購入後、早速家でセットアップ。
セットアップはChromeHomeというアプリを起動してチュートリアルを進めていくだけ。非常に簡単でした。
WiFiの調子が悪かったのか、2度ほどエラーが出ましたが、それ以外は問題なく終了。
セットアップ後にYoutubeで娘のお気に入りであるホットケーキ作成動画やピコ太郎の動画をキャストしました。
お気に入りの動画が大画面で見れて、非常に喜んでいたので買った甲斐がありました。

つないだテレビは2010年発売のシャープの亀山モデル LC-40DZ3というモデル。
結構古いモデルなので動くかどうか心配でしたが、全く問題なかったです。
ちなみにChromecastの電源の取り方はUSB給電で、
・テレビに付属のUSB端子でテレビから給電
・USBケーブルをコンセントに刺して給電するか。
の2つが主な電源の取り方です。


しかし、自宅のテレビは
・USB端子はHDDレコーダーに占領され空きがない
・コンセントはテレビ台を動かして取り回しを考える必要があり、断念
そこで、「USB給電できるモバイルバッテリーでも動くんじゃね?」と思ってモバイルバッテリーで給電してみました。
そしたら何の問題もなく動きました。参考は下の画像を見てください。
ちなみに公式ページでChromecastの仕様を確認すると、5V 1Aで動作しているとのことだったので、5V 1A出力に対応しているほとんどのモバイルバッテリーで動かせると思います。
10000mAh超の大容量モバイルバッテリーを使えば、2時間の映画2本見るぐらいなら電池切れの心配は無く、余裕で動作可能だと思います。


IMG_20170104_200616



ChromecastはスマートフォンからのYoutube、dビデオ、Hulu、Netflixなど多数の動画アプリには対応していますがAmazonプライムビデオには対応しておりません。、
しかし、PCからChromeブラウザのタブの内容をChromecastでミラリング出来るので、AmazonプライムビデオをChromeブラウザで再生すればAmazonプライムビデオのキャストも可能です。
4980円でこの機能を実現できるガジェットは買って良かったと思います。




週末パフォーマンス 2016/12/16時点 & Bluetooth NCイヤホン

年初来自分資産:-4.456%
適当にデイトレしてたらマイナスに逆戻り
 
この前買ったBluetooth NCイヤホンのレビュー
買ったモデルはSONYのMDR-EX31BN
2週間ほど使ってのメリット、デメリットは以下
メリット
・ノイズキャンセル機能で電車に乗っているときの騒音が減り、より音楽を楽しめる。
・付属のイヤホンの音質は値段に比べて良い方
・充電端子がmicro-USBでAndroid端末と同じのが使える

デメリット
・イヤホンコードが短い。延長コードは付属していない
・別のイヤホンに替えたらノイズキャンセリング機能が使えなくなる(NC機能のために端子が特殊)
・クリップが少し弱い。厚手のコートなどにクリップした場合、動くと少しずつずれる場合がある。
・付属のイヤーピースが合わない場合がある。私はSサイズでも大きいと感じてしまいました。

以上。
デメリットもありますが、AMAZONで8000円を割っているのでコスパは高いと思います。 
私のように音質とかにこだわり無い人であれば十分な商品だと思います。