インデックス投資家からの脱却 (アンチインデックス)

インデックス投資を嫌うブログ主による駄ブログです。

Category: 投資成績

年初来自分資産:-3.881%

今日の競輪祭決勝
メンバーは
1:深谷
2:新田 
3:武田
4:新山 
5:金子
6:近藤
7:平原
8:芦澤
9:稲垣

並び
1-5
4-2
7-3-8
6
9

三日間の走りを見る限りよさそうなのは間違いなく、平原、新田。次点で深谷というところ。
13時半現在のオッズは7平原-3武田、2番の新田が人気です。
さすがにこのメンバーで7-3すんなり決まるとは思えないので、美味しいオッズになっているところを狙いたい。
平原が先行した新山の番手、新田の位置を奪いに行くという展開も考えられ、その場合は足をためた深谷もしくは稲垣に運が向くかと思いました。
ただ、足の出来上がりを見ると平原も新田も外せない。
というわけで車券は
2車単
1-257

3連単
137-1237-12379

2着稲垣を買い忘れましたので、今から買い足そうと思ってます。
一緒に決勝を楽しみましょう。
 

年初来自分資産:-4.746%
ほとんど動かず


銘柄選択についてですが、苦労して四季報から1から探すより決算ダービーというブログからパクる方が効率良いのかなと思えてきました。
決算ダービーの勝負期間は3ヶ月と区切っていて、
その期間の中で上方修正やテーマに 乗って大幅高を狙える銘柄を10人以上が本気で考えて銘柄選択しているので、かなり魅力ある銘柄群だと思います。
もちろん中には私のようにあんまり本気で考えていない人も居るでしょうが。そういう適当なのを除いて銘柄選択すればまぁ負けはないでしょう。


年初来自分資産:-6.728%
相場中毒なので毎日ポジションとっては証券会社に手数料を貢いでいます。
ダメだこりゃ。

使っているスマホをAndroid端末に変更してから、Googleのサービスに依存しまくっている今日この頃。
最近ではノートPCとして、Chromebookが欲しくなってきました。

狙っている機種はASUS Chromebook Flipという機種です。
特徴としては
・10.1インチ
・タブレットモードも備える
・Androidアプリが使える
です。
さらに購入者特典として、Googleドライブ100GBが2年間無料という特典が付いてきます。

Chromebookは種類がいろいろありますが、Androidアプリが使用できる機種は今のところかなり限られており、
Androidアプリが使える機種がGoogleの次期OSとも噂されているAndromedaへの移行を見据えた時に良い買い物になるのかなと思った次第です。

ちなみにAndroidアプリを使える機種は上記のASUS以外には
Acer Chromebook R 11
Google Chromebook Pixel
の2機種です。
そして国内販売されているのはChromebook Flipのみ
モバイルのChromebookを買ったからと言って特に何かをしたいというわけではありませんが、メールチェックとかタブレットモードでのマンガとかに良いかなと思ったぐらいです。
あとは趣味でAndroidアプリ作るとか、投資のアイディアをGoogleスプレッドシート等でシミュレーションするとか。

最も今年中にChromebook flip2という後継機が出るとのうわさもあり、購入はちょっと待った方が良いのかなとも思っています。

以上。

ちなみにモバイル時のネット接続はスマホのテザリング昨日を使う予定です。

年初来自分資産;-6.046%
すこしずつ回復していますが、また溶かすでしょう。

さて、ウナギについて
土用丑の日以外は何の話題にもならないウナギですが、面白い電子書籍を見つけました。
雑誌WEDGEの特集を電子書籍化したものです。
書籍には以下の内容が書かれています。

・シラスウナギの流通にはヤクザ、台湾マフィアなどが密接に関わっている事
・養殖ウナギの飼育環境は中国の方が自然に近い事
・取材を行った2013年ぐらいの時点では飼料にも問題ないこと
ちなみに中国のウナギ養殖池では人間の死体を餌にしているという話が一部週刊誌に出ていましたが、通常で考えると供給が不安定かつ品質もバラバラな人間の死体をメインの飼料にするなどあり得ません。
成長促進剤を規制値以上に大量に使用しているという話もありますが、マトモな飼料より成長促進剤の方が高価なので普通に考えてあり得ません。
週刊誌のヨタ話が独り歩きし、2006年ぐらいに発生した、ウナギにマラカイトグリーンが残留していた事件が想起され、話に尾ひれが付いた結果ですね。

・日本ではボイラーで養殖池の水温を一定にしたままウナギの促成栽培を行っており、生育環境は無茶苦茶で質も良くは無い。
・ウナギ専門店であってもウナギの仕入れ値はサイズ、重量のみが基準に行われており、目利きによる仕入れがなされている場合はほとんどない。
・つまりスーパーのウナギの方が質が高い場合もある。しかも上記のとおりなので、スーパーで売ってる中国産のウナギの方が高品質な場合も。
・もちろん良心的なウナギ専門店は存在し、そこで食べると美味い(記事中に店名が明記されている)

以上です。
私は今後も安い中国産ウナギを食べると思います。


年初来自分資産:-8.671%
マイナス抜けれるかどうか。
抜けれないかも、、、、

投資に対するスタンスですが、3月末の大幅出金以降、しょうもないデイトレをして順調に溶かしてます。
やる気もエッジのある戦略無いのに株式市場に参加しちゃいけないという教訓を遅ればせながら実感しました。
9月末の株主優待権利取りも1銘柄だけ。
やる気が回復するまで、のんびりすることにします。
ギャンブルをやりたくなった場合、株式相場ではなく、競輪、麻雀でギャンブル欲を発散させたいと思います。

まぁ、麻雀するような時間はほとんど無いのですが。
鯰釣りも引っ越ししてからほとんど行けてません。


↑このページのトップヘ