インデックス投資家からの脱却 (アンチインデックス)

インデックス投資を嫌うブログ主による駄ブログです。

投資本

書籍レビュー 「市場は物理法則で動く」 市場の性質を理解するのに役立ちました

久しぶりの投資本のレビューです。
投資本と言えば、バリュー投資、成長株投資等の投資法について述べている本が多数なのですが、
市場が不安定な今こそ
「市場とはどういう性質を持っているのか?」
という根本的な問いに答えを出してくれそうな本を読もうと思い、「市場は物理法則で動く―経済学は物理学によってどう生まれ変わるのか?」を読みました。

全体的な論調としては
・均衡
・合理的経済人
という2つを前提として置いている古典経済学派を実証的かつ論理的に論破している本です。
私も上記前提はかなり無理があり、経済学という学問の根本的信頼性を揺るがしていると考えていましたが、この本ではそこのところがきっちり攻撃されていて痛快でした。


また、従来の金融工学に対しても痛烈です。私なりに著者の主張を要約すると以下の通りです。
「難しそうな数学使ってるけど、結局は正規分布と合理的選択を行う1個人しか前提に置いてない一つのモデルしか構築できてない。現実では全く役に立たない」
これはその通りだと思います。
著者はこれ以外にも、効率的市場仮説、従来のGDP予測モデルにも批判を行っています。

もちろん批判ばかりではなく、タイトルにある通り物理学の考え方を用いた実証研究、シミュレーション結果も豊富に示されています。
「均衡」という概念に対して「動的モデル」を、「合理的経済人」という概念に対しては、「状況に応じて対応を変化させる人間」を示してシミュレーションを行っています。
これらが非常に示唆に富んでいます。
私なりにこの本で役立ったと思った実証研究結果、シミュレーション結果は以下の通り

・市場参加者が増え、市場参加者の取る戦略が似通ってくると見た目のボラティリティは小さくなるが、市場の不安定性は増す
・市場は弱い予測可能性を持ったフェーズと、まったく予測不能なフェーズに大別される
・金融ネットワークが発達すると、金融システムは脆弱になる(政策提言を行っている経済学者とは真逆の結果)

私のブログ記事だけでは理解しにくいと思いますので、市場への理解を深めたいと思っている方はぜひ本書を読んでいただきたいと思います。
マイナーな出版社から出ている本なので高いのが不満点の一つですが、実用書ならこんなもんでしょう。








おすすめ本 「会社はこれからどうなるのか」

最近はお金も欲しいですが、健康的な肉体も欲しくなってきました。
来年で34歳なので、体にガタがきているのを感じます。
特に関節が硬くなっています。胃腸も弱くなっています。
強い胃腸と健康的な肉体は、間違いなくお金より重要だと思います。

ちなみに日本への株式投資は危険水準に近いと思っているので、積極的に行うつもりはありません。
危険と思っている根拠は、バフェットの指標と言われる「GDPと時価総額の比」が結構大きくなっているからです。
日本の時価総額の情報はこちら (東証へのリンク)
日本のGDPの情報はこちら (日経へのリンク)

さて、本題。
今回おすすめする本は、私が2010年4月10日に高松駅発徳島駅行の普通列車に乗っている間に読んだ本です。
なぜ、読んだ日付まで覚えているのかと言うと
「2010年共同通信社杯 春一番 @小松島競輪場」
を観戦するため(and現嫁との徳島デートのため)に乗った列車で読んだことを強烈に覚えているからです。

会社はこれからどうなるのか (平凡社ライブラリー い 32-1)/平凡社
¥1,026
Amazon.co.jp

この本の内容は、日本の会社組織や会社運営が
「欧米が想定している会社制度よりも、むしろ日本独特の家制度に近い運用のされ方をしている」
とズバリ指摘しています。
しかし、それを悪いこととは捉えず
会社が持つべき性質の一つである
「継続的な組織運営を行う」
という観点からは日本の家制度的な会社運営が好ましいと述べています。
(うろ覚え)

その他にも、
「法人格という概念がどのように生まれたかの歴史」
「会社法の基礎」
なども書かれており、全編に渡って非常に興味深い内容となっています。
投資とは直接関係ないですが、読んで損のない一冊だと思います。


↓本の内容より競輪の記憶覚えすぎだろ、と思った人はクリック。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


追伸
徳島市内と小松島競輪場で当時の彼女(現嫁)とデートを行ったのですが、彼女は小松島競輪場の雰囲気どころか、小松島競輪場行の無料送迎バス(通称 護送車)の中で、すでに恐れおののいていました。
以前、競輪施行団体がセッティングした競輪ファン座談会に参加したことがあるのですが、
「競輪場に彼女や嫁を連れていくのは良い。ただ、小松島だけはダメ」とまで言われた、とてもすばらしい競輪場なのでみなさんもぜひ訪れてみてください。
小松島競輪場については、以前のブログ記事 や、その記事のコメント欄もご参考になさってください。

「人生と財産」(本多 静六著)を読みました

「人生と財産」(本多 静六著)を図書館で借りて読みました。

本多静六氏 の略歴についてはリンク先のWikipediaに譲ります。


本多静六氏は学者(林学)でありながら、その俸給を元に投資を行い、巨万の富を築いた人です。

その貯蓄・投資に関する哲学、実践などが書かれているのが本書です。


本多静六の書いてある貯蓄方法は簡単です。


・収入(金利収入も含む)の四分の一を天引き貯金する

・臨時収入(旅費残額など)のすべてを貯金する

です。

文章にすると簡単ですが、これを実践するとなるとなかなか難しいのではないでしょうか。

特に臨時収入はぱっと使いたくなるのが人情だと思います。

本多静六氏もこの方法を始めたころは相当に苦しかったようです。

自分の子供に

「また胡麻塩だけのご飯なの?」

などと聞かれ、断腸の思いだったという描写が本書に書かれています。

それでも貯蓄を続けたのですから、意思が相当強かったのでしょう。


投資方法は、本多静六氏の専門である林学を活かし、山林への投資を行っていたと書かれています。

当時は木材の需要が旺盛だったという状況もありますが、かなりの儲けを出しました。

株式投資も行っていたのですが、投資についての言葉も素晴らしいと思いました。

「投資の第一条件は安全確実である。 しかしながら、絶対安全をのみ記していてはいかなる投資にも、手も足も出ない。だから、絶対安全から比較的安全、というところまで歩み寄らねばならぬ。」

安全確実な銀行預金ばかりしていては金持ちにならない、という当たり前の事を言っているのだと思いますが、

これをさらに私なりに拡大解釈してみると

「低PERや低PBRなど、安全確実そうな株にばかり投資していては金持ちになれない」

という事も出来ると思いました。

マネーの公理でもそのような記述が少しあります。

だからと言って、私にはmixi日本マイクロニクスDMP への投資は無理なのですが、、、


本多氏は約100年前の人物ですが、この本に書かれていることはいちいち尤もで、

投資だけでなく人生の楽しみ方といった事柄についても勉強になります。

ただ、投資については、本多静六氏の時代と今とでは、物価、為替レート、金利などの経済状況がかなり違うので、そこのところは頭に入れておくべきだと思いました。


↓クリックいただけると励みになります
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村



この本、むちゃくちゃ高いので、買うのはお勧めできません。

人生と財産―私の財産告白/日本経営合理化協会出版局
¥10,584
Amazon.co.jp




 

投資本読了 バフェットの銘柄選択術

投資本を読みました。
バリュー投資家を自称しているにも関わらず、バフェット本を読むのは本記事で取り上げる「バフェットの銘柄選択術」が初めてです。

なぜ今までバフェット本を読まなかったのかというと、以下の理由が挙げられます
1:ひねくれ者なので、メジャーなバフェット本は読みたくなかった
2:バフェット本人が書いた投資本が存在しない
3:世の中にバフェット信者は多数存在するが、どうもその人たちが儲けていないように見える

ということでバフェット本は敬遠していたのですが、この本を読んで考えが変わりました。
もちろんバフェット本は多数出版されているので玉石混交だと思いますが、今回取り上げる本は玉の方だと思います。




↓クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術/日本経済新聞社
¥1,785
Amazon.co.jp


書いている内容はごくオーソドックスなものです。
というか当たり前のこと過ぎます。書かれている内容はいかのような事です。

・キャッシュマシーンと呼べるビジネスを持っている企業を買え
・安定した利益成長を実現している企業を買え
・ビジネスモデルが陳腐化しない企業を買え
・自社株買いを積極的に行っている企業を買え
etc

ただ、上の当たり前のような条件をすべて満たしている企業は本当に一握りです。
ということでバフェット流の投資を実践しようと思えば、自ずと集中投資というスタイルになると思いました。

なお、面倒くさいので、本書の目玉ともいうべき、利益成長や将来の企業価値を計算するワークアウトはしていません。
ただ、ワークアウトを行うことで定量的に企業を見る目が養われると思います。
私はいつも適当な概算で企業価値の判断を行っているので、一度本腰をいれて本書に書かれているようなワークアウトをすべきかなと思いました。
この本は図書館で借りたのですが、購入しても損はない本だと思います。

ただ、この本に書かれていることを理解するためには簿記知識が必要だと感じました。
最低限の簿記知識を持っていないと、読むとっかかりに苦労するかもしれません。

評価
100点(適当採点)


追伸
持ち株のハイレックスコーポレーションが引け間際に大幅上昇となりましたが、朝に大部分利益確定を行ってしまい、100株しか持っていません。
ハイレックスコーポレーションの売却代金で購入したコムチュア はダダ下がりでした。
本当に自分は下手くそだと思いました。
そんな下手くそでも市場平均に勝てているのですから良いとしましょう。

初心者にお勧めする投資本2冊

この前三宮で一緒に飲んだ大学の後輩が
「パチンコ辞めて株を始める」
「どの株買うかなんて勘でしょ」
などと言っていたので、
「それは違う、勉強は必要」と言った手前、お勧めの投資本を紹介します。
前にも書きましたが、その改訂版ということで。

本を何冊も挙げたところで読む気を無くすだけなので、今回は2冊挙げます。
アンチインデックスということで、インデックス投資の名著はあえて挙げません。

↓押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


「ピーター・リンチの株で勝つ」
プロの投資家の立場から、プロが市場で必ずしも優位に立てないことを述べています。
では、プロに対してアマの投資家はどうするかということが簡潔に述べられています。
銘柄選びに悩んだときに、道しるべになるような事がたくさん書いてあるので、初心者にはお薦めです。
この本に書いている、「株価は長期的には利益の伸びに追従する」という教訓は初心者は必ず心に留めておくべきでしょう。

ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け/ダイヤモンド社
¥1,890
Amazon.co.jp

投機(投資ではない)哲学を語った本です。
「分散投資」、「投機ではなく投資をしよう」などという、巷にある格言をばっさり切り捨てているので最初に読んだときは衝撃を受けました。
しかし、書いていることは非常に合理的です。
私はこの本を読んで、
巷で言われている「分散投資」や「投機ではなく投資」という言葉が抽象的で非合理的であることに気づくことができました。
また、「株式投資とは要するにギャンブルである」ということも認識できました。
この本に書かれていることを心に留めておくだけで初心者脱出と言っても過言ではないと思います。


マネーの公理 スイスの銀行家に学ぶ儲けのルール/日経BP社
¥1,680
Amazon.co.jp