インデックス投資家からの脱却 (アンチインデックス)

インデックス投資を嫌うブログ主による駄ブログです。

ブログ

読書録 AI vs 教科書が読めない子供たち

半分ちょいしか読んでいないが、かなり良い本だと思われる。
本の著者は「ロボットは東大に合格できるか」というプロジェクトに本格的に携わった数学の研究者。
研究者としての真摯な態度が本文中の文章に遺憾なく発揮され、そんじょそこらの人工知能関連書籍とは一線を画す内容になっていると思います。
買って損はなかったと思います。


以下、内容の紹介。

東大合格を目指すプロジェクトの中で気づいたこと並びに数学者としての知見を基にした著者の主張としては以下のとおり
AIへの過大評価やバスワード化が発生している現時点の状況に対する批判として、
・シンギュラリティは来ない(計算能力とかCPUパワーとかそういう問題ではなく、量子コンピュータでも無理)
・今世間で騒いでいるAIは「真の意味でのAI」ではない
・AIに搭載されてできることは限られていて、論理式の計算、確率や統計を基にした選択だけ
・AIで行っている自然言語処理は、AIが言葉の意味を理解しているわけではない(であるから、自然言語処理能力の劇的な進化はかなり難しい)

以上、AIの能力は限定的だという見方にも関わらず、現実的に持った危機感は以下
・以上の限定的な能力しか持っていないが、MARCHレベルなら合格可能。(大学受験者の上位20%程度の位置)
・問題文の意味が分かっていないAIが暗記と過去問データ等を基にした回答を行っているが、現実の受験者もそのように回答していることが案外多い(人間でも問題の意味が分かっていない奴らが予想以上に多い)
・意味が分からなくても案外正しい答えが出せるAIやロボットの活用範囲が広がるため、定型的業務を行うホワイトカラーの職は脅かされる可能性が高い。(意味が分からなくても遂行可能なホワイトカラー職種の危機)
→私見 現状でも経理処理を行っているおばはんとかは、会計の本質的な意味は分かっていなくても仕事は遂行できているはずです。そういう職種は代替されると思います。(というか、既にされている?)

・AIやロボットには複雑な単純作業(冷蔵庫をあけてジュースを取り出すとか)に従事する低賃金労働者と、AIに与える業務の設計、運用、AIに与えるデータ構造の設計等の知的作業を行う労働者で2極化するのではないか。

という内容です。

私自身はデータ構造の設計とか、出てきた分析結果の解釈とか、AIには多分難しい領域の仕事をこれから行うのであまり危機意識はありませんが、将来的には著者の書いたことに近いことが起こるだろうなぁと思いました。
今の会社で経営陣と話す機会もありましたが、経営陣はどんどんIT化を進めて人手を削減したいという方向で考えていることが分かりました。(実店舗無くしたいとかそういうレベルのことをすでに考えている)
確かに顧客獲得チャネルがWEB主流になっているので、その流れには逆らえないと思います。
私のやっている職種にもっと社内で光が当たって年収上がらないかなぁ、、、、
データ分析業務を
「パソコンでポチポチボタン押してれば数字が出てくる楽な仕事」ぐらいにしか思っていない人も多く、理解されるのは難しいと思っています。
データ分析結果を出す前の基礎知識として、線形代数、微分積分、DB構造の理解、実業務の背景理解とかいろんな事が求められるのですが(愚痴)


データ分析界隈の事情(少ない経験から)

小売、メーカー、金融機関、マスコミ、ECサイト等々の色々な業種やサービスでデータ分析が行われていると思いますが、私の少ない経験と同期など実際に接した人からの情報を元にデータ分析界隈の事情をとりとめなく書いていこうと思います。
 
データ分析業務はおおまかに以下に分類されると思います
1:経営層への意思決定に関与するデータ分析
2:規各種制に対応するデータ分析(銀行の自己資本規制比率とか、薬事関連の副作用発生データとか)
3:アンケートなどのマーケティングリサーチ分析の専門会社、専門部署(要は下請け)
 
・スキルのつきやすさ
会社にもよりますが
2>1>3
マニアックな分析があり得るのが2(業界独特の考え方があったり)
とくに薬事関連は「医学統計」という専門の学問分野があり、その考え方はマーケティング等ビジネス全般に活かせる場合があります。
ただし、2は規制ルールに従うので業務がマンネリ化しやすいです。
2でマニアックなスキルを身に着けたあとに面白い&給料の良い業界に行くのがベターか?



・仕事の面白さ
1>2≧3
自分の部署から発信されたデータ分析結果をもとに、経営者が経営判断をして、その施策が成功した場合などは醍醐味を感じるでしょう。
また、経営層に近いほど扱うテーマも多岐にわたります。
すぐに思いつくだけで顧客分析、損益分析、リスク分析、数字をもとにした経営シミュレーションなどがあります。

また、経営層に近い社内で行うデータ分析の場合、クソうるさい外の顧客が存在しない事も利点として挙げられます。(その点、2は間違いなく規制当局がウルサい。3はクライアントによるがクソ面倒くさいクライアントがほとんど)
しかし経営層に近い場合はメリットばかりではありません。
以下のデメリットがあります
・経営層からの無茶振りがある
→そんなデータねぇよ、そんな目的でデータ蓄積してねぇからデータ加工にめっちゃ時間かかるよ!一週間以内とか言っても無理!とかそういうの
・他部署のデータをもらうために社内調整が必要
→営業関連データ(新規顧客件数とか)は営業本部に提供依頼をするが、渋られるとか。そこは渋るところじゃねーだろと、、、
あとは責任取りたくない社内情報システム部が延々とデータ提供しない言い訳を述べるとか(セキュリティがー、個人情報保護がー etc)

・データ基盤の使いやすさ
2≧3≫1
規制対応の場合はきちんとしたデータを集めていないと、下手すると行政処分もあり得るのでデータそのものがきちんとしてる場合が多いです。
1の場合、「データを経営に活かそう」という考え方が広まる以前に構築された業務関連システムからのデータが多く、前処理にとてつもなく時間が取られることが多いです
3の場合はクライアント次第。まともな担当者がきちんと設計したアンケートなら使いやすいですが、適当に作ったアンケート用紙になると目もあてられない状況になることも、、、
最近はそういう事はあまり無いみたいです。

以上、適当に書いてみました

銀行トンデモ客列伝

ほぼ実話です(伝聞もあり)


・くれくれババア
番号札も取らず「私はこの銀行に○百万円も定期預金してるんだ」と窓口に食ってかかり、窓口係から粗品のティッシュ等を貰う。
なお、一つの窓口だけでなく全ての窓口をハシゴ。(同じ日の同じ時間に)
やれやれと思ってたら2日連続で来た。

・軽度認知症老人
「定期預金が数年前に勝手に引き出されている!銀行員が横領したんだ!」と窓口でわめく客が来襲
本当ならやばい事件なのでわざわざ伝票を保管している書庫まで行き、数年前の伝票を探す(かなりの時間がかかる。なお、重要伝票は10年保存)
その伝票に書かれた文字と来襲した客の口座開設時の名前の筆跡を見て同じ人が書いたと推定
問題の払い出し伝票を見せて、「この払い出し伝票の文字はお客様の文字ですよね?」と聞くと
「せやな」とご納得していただき勝手に帰っていった。
謝罪の言葉などは無かった。疲れた

・悲しいオジサン達
フィリピンへの外貨送金を行う目的のおじさんが来店。
外貨送金は珍しいのでなんとなく記憶に残った。
後日違うおじさんが来店。このおじさんもフィリピンへの海外送金。
送金先を見ると先日のおじさんと全く同じ。
フィリピンパブのねーちゃんに騙されているおじさん達なのだろう。

・年金生活者とその孫
公的な制度として「年金担保融資制度」というのがある。
それを目的としたお客様(もちろん年金受給者の老人 老婆)と孫(頭悪そうなギャル)がご来店。
年金担保融資を行うための書類に希望融資額や資金使途等の記入をお願いするが、ご高齢のためかなり時間がかかる。
連れの孫は「はよ書けやババア」みたいな感じでイライラしている。
ようやく書類の記入が終わり内容をチェック。
資金使途は「レジャー」であった。
おそらく孫娘の旅行とかに消えるのだろう。出来の悪い孫を持つと大変である。

・ホームレス
月に一回ホームレスが通帳と印鑑を持ってきて、金をおろしていく。(番号札とかは完全無視のうえ臭い)
なぜか毎月一回1000円だけ口座に入金があるようだ。
その金を持って競輪に行くだの、チューハイを買うだの聞いてもいないのに嬉しそうに語ってくれる。
1000円の出元は完全に謎である。

・延滞客
銀行のカードローンの延滞客の情報は本部の管理センターからそれぞれの支店に流れていく。
延滞客への督促電話は基本的に支店の銀行員が行うのである。
延滞客の情報を見ると見たことのある名前がある。
それはなんと同じ課の課長。
課長に督促しないといけないという笑い話(笑えない)


ちなみにカードローンで借金を作っている銀行員は想像以上に多いです。
まず、ノルマの一環でカードローンを必ず作っているのが一つ。
飲み会が好きな課長や支店長の下に配属になると飲み代がバカにならなくなり、給料の範囲をたまに超えてしまう事が一つ。
銀行では転勤が多い。
独身者なら知り合いの居ない地方に転勤になった場合に寂しさを紛らわせたり、知り合いの目も親の目もなくなるため、遊びが派手になりがちで金使いが荒くなるという理由があります。
既婚者の場合は単身赴任になったときに嫁の目が無いから羽目を外して遊ぶというのがカードローンから借金するきっかけになるようです。

銀行員時代に良かったこと

前回の記事は銀行のクソな点を書きましたが、今回は銀行の良かった点を書きたいと思います。

【営業店勤務時代】
・研修は面白かった
入社研修が陸上自衛隊基地への体験入隊というものでした。
研修に自衛隊と聞くとブラック企業くさいですが、私自身の感想としては自衛隊の体験入隊は面白かったです。
体を動かすのは嫌いではなかったですし、班の連帯責任で腕立て伏せ以外には理不尽な命令などもありませんでした。
生活の時間もきっちりしてますし、基地の食堂の食事も美味しかったので不満はありませんでした。
1週間の共同生活なので同期とも仲良くなれました。

・窓口に美人が居た
窓口に見た瞬間に電流が走るような美人が居ました。
その人の窓口に現金を持っていく時だけが癒しの時間でした。
その人は後に地方局のアナウンサーになりました。(今は引退済み)

・知識が身についた
別に何の役にも立たない知識ですが、ATMの仕組みとか勉強して銀行ネットワークの仕組みがどうなってるとかそういう無駄知識を知れたのは面白かったです。
MICS
ACS
とか

・同期と仲良くなれた
入社1年目の時は定期的に1泊以上の集合研修が定期的にあったので同期と仲良くなれました。
銀行を退職してからも麻雀をするぐらい仲良くなった友達も居ます。

【本部勤務時代】
・きちんと勉強させてくれた
本部では融資関連の部署に配属されたのですが、私は融資の実務経験はありません。
そこで銀行における融資事務とか考え方とか全く分かっていなかったですが、そこを考慮してくれて、融資関連規定をきちんと勉強する時間をいただけました。
また、銀行債権のポートフォリオ分析とかそういうのをやるために統計学の勉強やデータ分析のためのExcelの勉強などものびのびとさせてもらいました。
他、銀行協会の研修等にも行かせてもらいました。
感謝しています。

・良い上司に出会えた
銀行の本部といってもピンキリですが、私の配属された部署には尊敬できる上司が居ました。
その上司以上に有能な人は職場で出会ったことはありません。(2社目含む)
なお、退職時には個人的に高い寿司を奢ってもらいました。


銀行員時代にクソだったこと

銀行員時代にクソだった事を思いつくままに書いてみます。
もちろん私の勤務していた銀行に限る話もあると思います。
・勤務時間が改ざんされる
タイムカードなんていうものはなく、紙の勤務時間管理表に課長や部長が勝手に勤務時間を記入(違法)
たまに支店単位で労働基準監督署が入り、未払い残業代をキャッシュバックされるというイベントが不定期に発生する。私がいた店では私の在籍期間中にキャッシュバックイベントは発生しなかった。

・昼休みが規定通りに取れない
コンプライアンス!伝票の書き方も社内規定通りにやれ!などと社内規定は絶対に守れという風潮なのに「昼休みは1時間とする」という社内規定はスルー。「なぜ1時間も昼休みを取るのか?」と先輩に言われた時に、私は「規定に書いてあります」と答えたら先輩は呆れ顔をしていた。
なぜ先輩が呆れていたのか私には理解できない(アスペ)

・昼休み中に仕事をするように命じられる
私のやってた出納業務は店舗外ATMコーナーも担当するため、昼休みに店舗外ATMコーナーの電球交換とかもしていた。
電球は支店のあるビルの管理会社(銀行の子会社)にもらいに行くのだが、そこのビルメン達は暇そうに漫画読んでたりする。そして面倒くさそうに電球を渡してくる。マジで苛ついた

・強制的に地域ボランティアに参加させられる。
もちろん無給。クソ。地元の祭りの踊りの練習を業務後にさせられたりする。
練習時間は定時後の18時〜とかなのだが、支店の課長などはもちろん残業で、踊りの練習に行く連中(新入社員や若手行員)が真っ先に退社することになる。
その時に「お前らこんな時間からダンスの練習か、お気楽だな」などの嫌味を言われる。

・古い企業のため、昭和30年代の規定が生きてたりする
私の職場で生きていた古い規定は「当直は4500円」という規定
休日に8時間当直室に詰めさせられて4500円。最低賃金を下回っている。
規定が出来た当時は妥当な金額設定だったのだろうけど。
この規定については最低賃金を下回っていると労働組合を3年ほど突っついたらさすがに無くなった(突っついたのは私だけではないと思うが、それでも廃止に3年かかるのは頭おかしい)

・給料が安すぎる
私の時は大卒初任給はメガバンクだろうが17万4000円とかそんな感じ
改善されたが、それでようやく大卒初任給20万とか。役職付いたら一気に高くなるがそれでも大手メーカーよりは、、、、

・ノルマがクソ
前回書いたように私は出納業務(バックヤードでのレジ打ちみたいなもん)を行っていて、預金客との接点など全くないのに、定期預金○百万円、カードローン○件等のノルマが課せられた。もちろん全くやる気なく未達成。

・上司や先輩に「後輩を育てる」という意識が無い
大学卒業したてで何も分からないのは当たり前なのに、「これが銀行の常識だよ。大卒なのにこんなことも分からないの?」みたいな事を言われる
また私の場合、出納機械(レジのような機械)の刷新が行われ扱いに戸惑っている時に「なんで分からないの?」などと言われたことがある。「あなたはマニュアルも読まず、触ったこともない機械の取り扱い方が分かるんですか?」と言いそうになった。言えば良かった

・有給休暇が取りにくい
有給休暇は真にやむを得ない時に取るという風潮。
ただ、銀行の規定にある「年に1回、5営業日連続で休暇を取ること」というのは守られる。
有給休暇明けは、もし旅行に行った場合はお土産を課員に配りながらお礼を言うのが銀行員の常識(私はしなかった)
なお、旅行に行ってない場合でも「お休みいただきありがとうございました」というのは銀行の常識

・クソの役にも立たない銀行業務検定を取る
銀行業務検定協会みたいなクソ天下りっぽい協会主催の何の役にも立たない検定試験を日曜日にわざわざ受けに行く。受かるとポイントが蓄積され、そのポイントが貯まらないと絶対に昇格しない制度。試験自体は得意なので落としたことは無かったが試験に価値はない。履歴書にも書けないと思う。

・謎の文化
銀行主催の研修参加後は課長や課長代理に「研修に行かせていただき、ありがとうございます」と言うのが銀行の常識。会社命令で研修を受けるのだからありがとうもクソも無いと思うのだが。
なお、研修行く前に「仕事ほっぽらかして同期とワイワイお勉強しに行くのか、いいご身分だな」みたいな嫌味を言われる。

・労働組合がクソ
組合専従員はほとんどの場合、ワケありの仕事が出来ない人がやっている。
そのため非常にぬるく精神力も弱いため経営陣とマトモにやり合うなんて事はほぼ無い。いわゆる御用組合。
「オルグのため」と抜かし組合費で定期的に自分たちの行きたい店で飲み会を開いている。
やらなくてもいいスポーツ大会を、組合費を使って日曜日に開催してくれる。もちろん強制参加。交通費も昼飯代も自腹の場合が多い