インデックス投資家からの脱却 (アンチインデックス)

インデックス投資を嫌うブログ主による駄ブログです。

Category: ブログ

結婚して9年ほど使い続けた洗濯機を買い替えた。
壊れたわけではないが、家族が増えて賃貸物件用のプチドラム洗濯機では物足りなくなったため。

買った機種は以下



かなりの存在感あるデカ目の機種。
しかも上位モデル。
結論から言うと買って良かった。
洗濯容量も増えて、乾燥機能も間違いなく良くなった。
Joshinで21万円&ポイント1万円付与。
価格コム最安値ではないが、工事料や引取料込なので悪くない買い物だった。
珍宝

株で大儲けすることをほぼ諦めた、3児の子持ちアラフォーおじさんがなんとかITとかコンサルとかそういうところで戦うために勉強していることを羅列するだけの記事。
独身の方や乳幼児のおられない方にはなかなか理解してもらえないかもしれないが、休日は子供に絡まれるので家で勉強する時間など無い。
そのため学習は通勤電車内(片道35分ぐらい)や職場での空き時間(現職は職場で勉強するという事に対してあまり理解は無いのでコソコソやる)に勉強するしかない。
子供が寝静まった後も一応チャンスではあるが、ロングスリーパーであるためそれも難しい。
という言い訳をした上で、、、

・基本情報技術者試験
→AWSのサービスを深く理解するために勉強中。これAWS SAAを取るために理解した概念だ!というのも結構あるため、AWSと知識分野が被り勉強しやすい。
秋期の試験に間に合えばよいのでのんびり進めている。
ストラテジやマネジメント系の出題内容は無勉で過去問8割ぐらい取れた。
秋期試験に間に合うようであれば、基本情報技術者を飛び越して応用情報技術者試験を受けようかなとも考え中。

・DockerとLinux
→かめさんという有名ツイッタラーのUdemy講座を購入しただけ。
家のLinux環境はVirtualBoxで構築しているが、ネイティブなLinuxも使いたいので環境構築について考え中でもある。

・営業のやり方について
→データアナリストやコンサルの仕事を抽象化すると、「自分の作ったサービス(分析結果やモデル)を説明して社内の人間や社外の人間に採用してもらう」ということになると考えている。
これは「自社製品・ソリューションの説明をして、自社製品・ソリューションをお客さんに買ってもらう」という活動をしている営業マンと何ら変わりはない。
また、営業スキルは理系のバリバリ機械学習パソコンヲタクマンの苦手とするところでもあると思う。
そのためアラフォーおじさんが若者と差別化するためには営業能力を身につける必要があると考えて勉強中。
勉強にはこの書籍を用いている。
かなり内容が濃いのでメモを取りながら読んだり複数回読まないと身につかないと思うので隙間時間に読んでいる。



プロジェクトマネジメントの勉強
将来的(5年後をめど)にはPMP資格を取得したいと考えている。
そのための準備と言ってはなんだがプロジェクトマネジメントの概念ややり方を勉強するために以下の書籍を買った。未読である。




マンガである。

あらすじは
少年院を出た身寄りも学歴もコネも何もない三人組が生きるために、黒い金(オレオレ詐欺の被害金等)を強盗したりして生きていくお話

原作者の鈴木大介氏は貧困問題のルポライターとしてかなりの取材を踏んだ本格派
その取材ネタがふんだんに活かされていて、エンターテインメントとしても面白いし、社会性テーマのあるマンガとしてもとても面白い。

仲間を増やしていく様もジャンプの王道のようで良い感じ
ラストは身寄りも何もない人たちが救われるような描写があり、読後感も良い。

マンガも良いが、たまに挟まれる原作者のコラムや解説も読み応えがある。

暴力描写が極端に嫌いな人以外にはオススメできる良作。

今まで読んできたマンガの中でも上位に入るオススメ。

しょーもないゴミ企業がコロナウイルス関連のIRを出したりしているようだが、それとは別に思うこと。

ワクチンや抗ウイルス薬への開発期待は高いが、
・そもそもワクチンが開発できるのかどうかは不明
・抗ウイルス薬も開発できるのかどうかは不明
と思う。
ワクチンについてだが、乳児などを持つ親の間ではロタウイルスやRSウイルスが恐れられているが、これらのウイルスに関してはもう何十年も前から研究が行われているが、ワクチン、抗ウイルス薬ともに開発できていない。
HIVウイルスについてもいわずもがな。

ウイルスについては素人なのでよく分からないが、ウイルスは生命機構(?)が種類毎に違い過ぎるため、薬やワクチンの開発が難しいようだ。
というわけで、新型コロナウイルスについても、何十年も研究してワクチンも抗ウイルス薬もどちらも開発できない
という未来はあり得る。
なので気をつけましょう。

今年の6月末ぐらいに終了させる予定

↑このページのトップヘ