インデックス投資家からの脱却 (アンチインデックス)

インデックス投資を嫌うブログ主による駄ブログです。

ブログ

ディープラーニングが人間の仕事を奪うことはまだないと思われる

先月「ディープラーニングが分かる数学入門」と言う本を大半読んで、ディープラーニングについて概要を学習しました。
ディープラーニングについて学習の数学的理論の概要を学んだ私の感想は
「ディープラーニングが人間の仕事を置き換えるという事態はあまり進まないと思う」です。
ディープラーニングの概要しか学んでいないので偉そうなことは言えないのですが、ディープラーニングが行っている事は、結局は一般化線型モデルの拡張であるに過ぎないと私は理解しています。
一般化線型モデルはもう色々な分野でかなり使われていますが、それが人間の職を奪うという事はあまり発生していません。

私が関わった仕事で言うと、信用リスクの定量化という課題において多変量のロジスティック回帰モデルはかなり良い精度で信用リスクの定量化作業を行えます。
しかし、信用リスク定量化のモデルを使用する大前提として
・定量化モデルを作り出すための財務データが大量に必要
・その財務データを機械に分かりやすい形(CSVなど)で整理するのは人間
・財務データを入手できない場合は定性的データに頼る場合もあるが、それらを数量化するのは困難(できない事もない)
ハードウェアに関して昔は「ソフトがなければただの箱」と言われていましたが、機械学習やディープラーニング等のソフトウェアに関しては「データがなければただのバカ」と言えると思います。
われわれ人間は基本的なデバイスとして、目、耳、手指、肌、鼻、口などの感覚器が存在し、それらを用いて絶えずデータを収集しています。また、それらを統合する高機能なソフトウェアである脳を携えています。
一方、コンピュータは根本的には0と1の信号しか理解できない上に、上に挙げたような高度なデバイスを備えておりません。
はっきり言って知能(何を知能と定義するかにもよりますが、)に関しては人間に勝つような道筋はまだ見えてないと言って過言ではありません。


もちろんアルファ碁に見るように、
「活用する環境が限定的」かつ「ある程度定型化された作業」であれば人間を超える活躍は見せると思います。
例えば肺や腸の画像診断などではかなりの活躍を行うと推測します(というか、もう活躍している?)

そもそも、囲碁しかできないアルファ碁を人工知能と呼ぶこと自体に私は疑問を感じています。
あなたは目の前の人間が囲碁しかできず、しゃべることも目配せすることも言葉を発することもできず、意味のあるジェスチャーもできないとして、そのような人間に知能があると認識できるでしょうか?
私は認識できないと思います。

現在のディープラーニングという手法はもちろん画期的なのでしょうが、いわゆるシンギュラリティを起こすようなテクノロジーとは思えません。
現状のディープラーニングの枠組みでシンギュラリティが発生すると考えた場合、私は以下のような事が実現しないとダメだと考えています

1:人類の視覚、聴覚、触覚などを高度に入力できるデバイスが世界の至るところに存在する。
至るところとは自宅、職場、医療現場はもとより、パチンコ屋や居酒屋も含みます。また、南極、サバンナ、密林など人数は少ないながらも人間が生活を営んでいる場所全てです。
2:1で入力された情報を瞬時に演算できる演算装置が存在し、それらを統合できるハードウェアとソフトウェアが存在する。

上記のような事態はほぼ起こりえないので、ディープラーニングの枠組みの中でシンギュラリティが発生するとは思えません。

まとめ
・受動的に入力されるデータが無いと何もできないプログラムはいくら高度でも知能とは言えない。
・ディープラーニングの枠組みの中でシンギュラリティは発生しないと思う。

日本はデフレで物価が安い?

パフォーマンス以外に書くことが無かったこのブログ。
トレード休止してからだと何も書くことがありませんでした。
Twitterだと適当なことを書いてますが、投資には何の役にも立ちません。


最近ノートPCを買おうといろいろ調べているうちに、タイトルのような疑問が浮かびました。

想定しているノートPCの用途は
Webブラウズ、メール、Officeソフト、R言語のプログラミング
ちなみにR言語のプログラミングでやろうとしている事は
TDNetなどから上場企業の財務データを引っ張ってきて分析するというもの。
日本では上場企業が約4000社あり、その財務データを四半期ごとに3年分取得しようとすれば
4000*4*3=48000
となり、最低でも48000行のデータを取り扱うことになります。
変数の数はどのような財務分析を想定するのかにもよりますが、
B/S、P/L、キャッシュフロー計算書のある程度の情報を格納しようとすれば、変数が100ぐらいは必要でしょう。

さらに株価データを毎日取ろうとすると、市場の営業日が約250日なので

4000*250=1,000,000
100万行のデータを格納する必要があります。

このようなデータを分析しようとすれば大量のメモリが必要になります。
また、CPUパワーもあった方が良いでしょう。
ということで、メモリ8GB以上を搭載しているノートPCを価格コムで探していたのですが、
そのようなPCは大体10万円前後。
SSD搭載にしたり、CPUやグラボのグレードを上げると15万円前後といったところ。
グラボは必要ないのですが、CPUのグレードを上げると必然的にゲーミングPCとなってしまってグラボが付いてきます。

それで大体買うPCの候補を絞れてきたのですが、試しにeBayで似たようなスペックのPCを探したところ、20~30%安いという事が判明しました。
もちろん新品です。

例えば私が候補にしていたMSI 15.6インチのノートが日本で買うとAmazonで143,880円
そして似たスペックのMSIのノートPCをeBayで購入すると大体103,000円(899ドル)
今より円高になると10万円切ります。
日本とeBayの価格差の理由が分かりません。
いわゆるおま国価格なのでしょうか。
ASUSがZenfone3でおま国価格を設定し、一部のスマホオタクどもから反感を買いましたがPCでもよくあることなのでしょうか。

これを見てeBayからノートPCを購入しようかなとも考えたのですが 、以下の問題があるため海外からの購入は見送る可能性が高いです。
・海外PCはキーボードがUSキーボード
・初期不良や輸送時の故障が発生した場合の返品手続きが面倒
・国内サポートを受けられない

キーボードは気に入った外付けキーボードを使えば良いのでしょうが、ノートにわざわざ外付キーボードを付けるというのも煩雑で、スペースをとります。
省スペースにするためにノートPCを検討しているのに本末転倒です。

個人的に一番大きい理由が2番目の初期不良等の対応。
eBayでいろいろなものを購入した人のブログを見ていると、なんだかんだありながらも最終的には返品や交換が成立していますが、海外とのやりとりは面倒です。

3番目の国内サポートなんぞ、今使っているNECのノートPCでも受けた事は無いですが、あるのと無いのとでは心理的にちょっと違います。


というわけで、国内の割高PCを買おうと思います。


ちなみに私が趣味にしているロードバイクについても、自転車パーツは国内と海外でかなり値段が違います。
自転車パーツと言えば日本のシマノという会社が作っているのですが、なぜか海外の方が安い!

シマノ ULTEGRA 6800 コンポセット を国内のAmazonで買うと86,168円
海外通販で買うと約70,000円
日本はボったくられている気がします。
賃金水準はアメリカやイギリスより低いのに、アメリカやイギリスより高いという。
生活必需品や外食費が安いというのはもちろん嬉しいのですが、PCや自転車パーツももっと安くなって欲しいと思います。
デフレ最高!


 

弱虫ペダルというアニメに強い違和感をおぼえる

最近Amazonプライム会員に登録しました。
プライム会員の特典として、Amazonプライムビデオでいろいろな動画を無料で見られるというのがあります。
ということで、私は自転車好きなので巷で話題になっている自転車アニメ 弱虫ペダルを見ているのですが、
レースのルールや展開にものすごい違和感を感じています。

例を挙げると
・20%の坂道をママちゃりで登れるどころか、ロードレース経験者に追いつく
・インターハイ2日目、残り700メートルで4秒差のアドバンテージがある強敵(御堂筋君)をゴールで抜かす(普通に無理なタイム差)
・インターハイ1日目と2日目の結果にほとんど意味は無く、3日目に一番最初にゴールした人間が優勝(こんなルールにした意図が完全に意味不明)
・レース後、よほどの強者でも疲れが残っているのに最後尾からトップ集団まで必死で追いついた主人公は余裕で体力回復している。
ちなみにロードレースで最後尾からトップ集団に追いつくだけで相当の離れ業。例えるなら、箱根駅伝で時間切れ食らう直前にスタートした人間が全区間を一人で走ってトップに追いつくレベルの偉業。

マンガ・アニメと現実は違うと言われればそれまでですが、あまりに主人公補正が強すぎる物語も面白くありません。
ドラゴンボールで例えると、悟空の仲間たちが特にピンチにならずに敵を倒し、ダメージを受けた時も仙豆を食べずに短時間で勝手にダメージが回復してる、みたいな感じです。
御堂筋くんのキャラが面白いのでまだ見れますが、それが無ければ策も何も無い主人公たちが単なる根性と勢いで勝っていくだけのストーリーになっており、ストーリーに面白みを見いだせませんでした。
今は惰性で見ています。
アニメーターや作者にはとても失礼な話ですが、ストーリーやレースのルールに関しては自分の方が面白いもの作れたんじゃないかと思う事さえあります。

と、悪い所ばかり挙げましたが気に入っている部分もあります。

・自転車のメカ部分の描写は凝っていて、自転車好きがきちんと作画したんだなと分かる
・ロードレース初心者にはある程度分かりやすくロードレースの世界に入って行ける
・キャラはいろいろで面白い
・勢いがあるところはロジックが破綻していてもある程度熱くなって楽しめる
です。


ちなみにロードレース漫画だと、シャカリキかもめ☆チャンスが私はお勧めです。

週末パフォーマンス 2016/12/9 & 塀の中

年初来自分資産;+0.915%

最近Kindleで
「塀の中の懲りない面々」 を読んでいます。
発売当初はベストセラーになったようで、刑務所の中の出来事が面白おかしく書かれていて、読みごたえはありました。
ただ、2になると著者の文章に飽きが来たのか説明がちな語り口調について読むのが面倒になってきました。
これは映像化したり、漫画になった方が面白い作品かもしれないと思いました。
マンガ版はコンビニコミックが出版されているようです。
ちなみに、刑務所の中の事を面白おかしく書いているとはいえ、読んでみても刑務所に行きたいとは全く思いませんでした。



週末パフォーマンス 2016/10/7時点 & 今欲しいもの

年初来自分資産:-6.728%
相場中毒なので毎日ポジションとっては証券会社に手数料を貢いでいます。
ダメだこりゃ。

使っているスマホをAndroid端末に変更してから、Googleのサービスに依存しまくっている今日この頃。
最近ではノートPCとして、Chromebookが欲しくなってきました。

狙っている機種はASUS Chromebook Flipという機種です。
特徴としては
・10.1インチ
・タブレットモードも備える
・Androidアプリが使える
です。
さらに購入者特典として、Googleドライブ100GBが2年間無料という特典が付いてきます。

Chromebookは種類がいろいろありますが、Androidアプリが使用できる機種は今のところかなり限られており、
Androidアプリが使える機種がGoogleの次期OSとも噂されているAndromedaへの移行を見据えた時に良い買い物になるのかなと思った次第です。

ちなみにAndroidアプリを使える機種は上記のASUS以外には
Acer Chromebook R 11
Google Chromebook Pixel
の2機種です。
そして国内販売されているのはChromebook Flipのみ
モバイルのChromebookを買ったからと言って特に何かをしたいというわけではありませんが、メールチェックとかタブレットモードでのマンガとかに良いかなと思ったぐらいです。
あとは趣味でAndroidアプリ作るとか、投資のアイディアをGoogleスプレッドシート等でシミュレーションするとか。

最も今年中にChromebook flip2という後継機が出るとのうわさもあり、購入はちょっと待った方が良いのかなとも思っています。

以上。

ちなみにモバイル時のネット接続はスマホのテザリング昨日を使う予定です。