転職する時に転職エージェントを使うべきか否かという問題があります。
私の個人的な感想としては使った方が良いと思います。
その理由は以下のメリットがあるからです
・転職しようとしている企業や業界の情報がエージェントから得られる(業界全体として人手不足とか不景気とか)
・職務経歴書や面接の想定問答をチェックしてもらえる
・過去の受験者の情報があるので、自分と似た受験者がどの程度いて、どのような受け応えをしたのか、合否はどうだったか等の情報が得られる
・転職エージェント独自の非公開求人がある
・最初に条件をしっかり伝えれば、雇用条件について企業側と交渉してくれる
が挙げられます

転職エージェントを使うデメリットとしては
・エージェントの仲介を噛ませることで、一人で活動する時よりも企業側とのやりとりに時間がかかる
・エージェントが自分の希望職務や希望業界を理解していないとフラストレーションがたまる
・エージェントは転職させてナンボなので、受かりやすい企業ばかり紹介され自分の希望と合わない企業を受けてしまうことがある(普通なら断ればいいが、転職を焦っているとそうもいかないこともある)
が挙げられます

デメリットの方は自分が気をつける、エージェントの交代を会社に伝える、エージェントの紹介求人と並行して自分で動く等でほぼ解決できる問題なのでメリットの方が大きいと思います。
エージェントを使うメリットはネットや企業の求人担当者から得られない情報を得ることができるというのが大きなメリットだと私は考えてます。
私がエージェントによく質問するのは、自分が受けている求人案件が「辞めた人の補充なのか」、「業務拡大による人員募集なのか」という事情です
前者の事情があり、かつ転職サイト等に常に求人があればその案件は「業務が過酷」「会社として人を使い捨てにしがち」というような傾向があると思います。会社自体がブラックでなくとも部署がブラックの可能性があるとも言えます。
後者の場合は会社もしくは担当部署の業績が良く、入社後の昇給昇格の可能性が高かつたりボーナス査定にプラスに働いたりというメリットがあると思われます。(100%そうではないですが)
会社全体の傾向としては上場企業であれば決算短信や有価証券報告書で分かりますし、非上場企業でもVorkers等の転職口コミサイトで評判が分かりますが、転職エージェントから得られる情報も仕入れることで良い求人、会社と出会う確率が高くなるでしょう。
ヘッドハンターから望外の条件を提示されて高給職を渡り歩くのが理想の転職活動ですが、普通のサラリーマンだとそういうのは不可能に近いので地道にやりましょう。