昨年の年始に四季報でピックアップした銘柄を書いた記事があるので、その答え合わせ(パフォーマンス計算)です。
すべて記事執筆時点の2017/1/6の終値と2017/12/29の終値を比べたものです。
当たり前ですが株式分割は考慮しています。


1401 エムビーエス
400 →  815 (+103.75%)

2146 UTグループ
989 → 3275(+231.14%)

2195 アミタホールディングス
580 → 2445(+321.55%)

2349 エヌアイディ
3815 → 3600(-5.63%)

2436 共同ピーアール
760→ 1467(+93.02%)

2722 アイケイ
514→ 4280(+732.68%)

3137 ファンデリー
1151→ 1675(+45.53%)

3172 ティーライフ
1412→ 1369(-3.04%)

すべての銘柄に同等の金額を投資したと仮定した場合の平均リターンは
約 +189%
なお、リターンの計算において配当は未考慮です。

昨年は自分の銘柄信じてればよかっただけでした。
ちなみに昨年は田淵電機やら東芝やらわけのわからん事ばかりして資金が減りました。
今年はそうならないようにしたいと思います。
株式投資に向かってのメンタルも安定してきたように思います。多分。