思いついたことを適当に書きにします。
脈絡はありません。段落ごとにがらっと論点は変わります。


黒田総裁は最初の異次元緩和の時に戦力の逐次投入をしないと言っていたのに、日銀は今回の追加緩和を行った。
これは、どう説明するのか?
まぁこんな質問をしても、官僚的答弁しか返ってこないと思うので、こんなことを聞くのは野暮です。
本音は
「消費増税に必要だから追加緩和した」
でしょう。
頭が狂ってます。
「物価の安定」という職務を放棄した日銀総裁は必要ありません。
株価が上がって私の資産は増えますが、社会正義として頭のおかしい日銀総裁は必要ありません。


ユーロ圏と日本、さらに中国も金融緩和政策を行っている中で、アメリカ一国が緩和終了。
金融政策の足並みをそろえるためにも、アメリカの利上げは当分先になりそうです。
というか、当面は金利を据え置くことが名言されています。
この「当面」が半年とか1年とかじゃなく、かなり長引くんじゃないかと思います。
これはバブルの種が撒かれたことを意味すると思います。


追加緩和後の投資戦略の基本スタンスは変わっていません。
不動産と重厚長大産業の売りです。
今回の追加緩和で売るタイミングがずれたというだけです。
むしろ今月は売りポジションがなければ普通にマイナスリターン食らってました。
また売りを再開しますが、売りは増税時の少し前かなと考えています。
もしくは金融緩和の終了をにおわす発言が出てきた時、または衆議院解散など、安倍政権の屋台骨がぐらついた時。
その時にならないと分かりません。


いくら金融緩和を行って無限に紙幣を供給しても、人間の実需は有限です。
みんなに車が行き渡れば、当たり前に車の売り上げは落ちます。
円安の為替差益が出てもそこはごまかしきれません。
当たり前の事を当たり前に実行していきたいと思います。
みんながマイナスリターンを食らっているときに自分の売りポジションが利益を出すのは気持ちよいので、そのシチュエーションを妄想してます。


消費増税路線が完全に決定しました。
私は今の自民党政権は民主党政権よりひどいと思っています。
日本全体が右肩上がりの時は、利益誘導政治やバラマキ政治を行い、輸出振興・外貨獲得を叫んでいればよかったのかもしれませんが、経済構造はその時から変化しすぎています。
自民党はもう時代遅れです。
頓珍漢なことをわめいて、実際の行政にはインパクトを与えないおバカ政党の方がましです。


安倍内閣はひどすぎます。
税金でSMバー、キャバクラ、高級料亭、選挙区の市民買収(小渕)とスキャンダルだらけ。
そして当たり前ですが、責任は取らず。
ちなみに私は
「責任を取る」
とは、法に基づいて裁かれることを意味します。
それが法治国家の当たり前の姿です。
しかし、日本はどうやら法治国家ではないようです。
政権運営も
「消費増税は社会保障のため」
と抜かしながら、社会保障は削減。
真面目な納税者ほど馬鹿を見てます。



↓愚痴だらけじゃねーか、と思った人はクリック
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村