投資本を読みました。
バリュー投資家を自称しているにも関わらず、バフェット本を読むのは本記事で取り上げる「バフェットの銘柄選択術」が初めてです。

なぜ今までバフェット本を読まなかったのかというと、以下の理由が挙げられます
1:ひねくれ者なので、メジャーなバフェット本は読みたくなかった
2:バフェット本人が書いた投資本が存在しない
3:世の中にバフェット信者は多数存在するが、どうもその人たちが儲けていないように見える

ということでバフェット本は敬遠していたのですが、この本を読んで考えが変わりました。
もちろんバフェット本は多数出版されているので玉石混交だと思いますが、今回取り上げる本は玉の方だと思います。




↓クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術/日本経済新聞社
¥1,785
Amazon.co.jp


書いている内容はごくオーソドックスなものです。
というか当たり前のこと過ぎます。書かれている内容はいかのような事です。

・キャッシュマシーンと呼べるビジネスを持っている企業を買え
・安定した利益成長を実現している企業を買え
・ビジネスモデルが陳腐化しない企業を買え
・自社株買いを積極的に行っている企業を買え
etc

ただ、上の当たり前のような条件をすべて満たしている企業は本当に一握りです。
ということでバフェット流の投資を実践しようと思えば、自ずと集中投資というスタイルになると思いました。

なお、面倒くさいので、本書の目玉ともいうべき、利益成長や将来の企業価値を計算するワークアウトはしていません。
ただ、ワークアウトを行うことで定量的に企業を見る目が養われると思います。
私はいつも適当な概算で企業価値の判断を行っているので、一度本腰をいれて本書に書かれているようなワークアウトをすべきかなと思いました。
この本は図書館で借りたのですが、購入しても損はない本だと思います。

ただ、この本に書かれていることを理解するためには簿記知識が必要だと感じました。
最低限の簿記知識を持っていないと、読むとっかかりに苦労するかもしれません。

評価
100点(適当採点)


追伸
持ち株のハイレックスコーポレーションが引け間際に大幅上昇となりましたが、朝に大部分利益確定を行ってしまい、100株しか持っていません。
ハイレックスコーポレーションの売却代金で購入したコムチュア はダダ下がりでした。
本当に自分は下手くそだと思いました。
そんな下手くそでも市場平均に勝てているのですから良いとしましょう。