ひっそりと始まったサービス
LINE Pocket Moneyに申し込んでみました。
目当ては1000円キャッシュバックキャンペーン

申し込みには年収や家族構成、勤務先情報などを入力する必要があります。
ポチポチ入力して申し込んだ結果ですが、申し込みボタンを押して5分後ぐらいに審査結果が出ました。
スピード感にびっくり。
しかも、年利4%で借り入れできるとのこと。
儲かるのか?
Screenshot_20190915_100541



ただし、これは事前に本人確認(LINE Payへの銀行口座の紐付けや免許証のアップロードなど)を済ませていたのが原因かもしれません。
ちなみに業務時間中に申し込んだのですが、職場への在籍確認電話などはかかってきませんでした。

似たようなサービスとしてJ-Scoreのサービスにも申し込んでいますが、J-Scoreより断然使いやすいと思いました。
J-scoreは質問項目が多すぎます。

LINE Pocket Moneyの競合としては
・サラ金
・銀行カードローン
・クレカのキャッシング枠
・J-Score
等が考えられますが、スピードでは圧倒的にLINE Pocket Moneyが優勢。かつ、融資条件も上記に勝てるので、もしかすると上記サービス使用者の優良層はLINE Pocket Moneyに流れるかもしれません。
また、地味に優位性があると感じたのが
「LINEだけで手続きが完了し、郵送物等が無いので借り入れするときに周りの人(家族等)にバレにくい」
という点です。
銀行カードローン、サラ金、クレカのキャッシングともに借り入れするためには原則カード発行が必要です(一部サービスはカードレス契約が有るみたいだが)ので、
クレカ以外のカードを見られると、
「あんた借金あるの?」
などと配偶者や友達から詮索を受ける可能性があります。
LINE Pocket Moneyにはそれが無いので、地味な部分ですが大事なポイントをクリアしたなと感じました。
ただ、貸付金利4%なんぞで儲かるのか?という疑問はあります。
結局使うのはLINEをディープに使っている、金がなく金融リテラシーの無い若者という図式になるような気もします。
サービスの謳い文句も
「もう我慢しなくてイイ!夢をかなえよう」
などという頭がおかしい謳い文句で、金融リテラシーの無い層をターゲットにしているようですし。
借金でなんの夢を叶えるんだ?と突っ込みたい。


ちなみにLINE Pocket Money J-Scoreともに私は借り入れを行うつもりはありません