インデックス投資家からの脱却 (アンチインデックス)

インデックス投資を嫌うブログ主による駄ブログです。

2015年03月

週末パフォーマンス 2015/3/27時点

今日も今日とて週末パフォーマンス。

年初来自分資産:+92.779%

江守が謎の上昇を遂げたにも関わらず、先週末比ではあまりマイナスにはなってなかったです。
でも、金額的には結構大きい印象です。
数%の値動きで自分の月給より大きな金額が動いています。
なかなか刺激的です。
運用資産が数千万になったら、私は資産変動に耐えられるかどうか心配です。
私は億トレの器ではないのかもしれません


↓クリックで応援よろしくお願いします
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

江守を売り始めてからの心境の変化

どうも。
特に書くネタがないので、こんな記事を書いてみます

2月9日:財務担当役員が突然の辞任
俺「絶対黒だ。空売りしよ。」

2月16日:決算の発表遅延
俺「もうやばいの間違いないじゃん。調査に弁護士まで入れるって言ってるし。」

2月下旬~3月初旬:ゴールドマンサックスの空売り残が徐々に減る
俺「ゴールドマンサックスは何か情報を掴んでいるのか?売り方は嵌め込まれてるんじゃないのか?公表されている情報からだとやばいの間違いないのに全然株価下がらねえ、、、逆日歩きつい、、、」

3月16日:債務超過の超絶クソ決算発表
俺「ヒャッハー、汚物は退場だー!江守死亡!江守死亡!」

3月20日:3連続ストップ安の後、ようやく江守が寄る
俺「340円が終値か。案外高い値段で寄ったな。まあ週明けからも下がるやろ」

3月23日:1回目のストップ高
俺「リバウンド狙いの馬鹿乙wwwwwww」

3月24日:2回目のストップ高
俺「馬鹿ってこんなに多いものなのか?」

3月25日:3回目のストップ高
俺「何か情報を掴んだやつがいるのか?売り方は嵌め込まれてるんじゃないのか?江守をだました中国人の陰謀?どこぞのファンドが買ってるのか?もう疑心暗鬼だ。含み益がガリガリ削られて痛い、、、、」
俺「江守はもしや中国人が買っている!?福井県にある江守一族の資産を根こそぎ奪うことが中国人の真の狙いだったのでは?(陰謀論)」


以上、揺れに揺れるおっさん心を描写してみました

↓いい年こいたおっさんのくせに情緒不安定すぎだろ、と思った人はクリック
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

インデックス投資は簡単か?

タイトルの通りです。

インデックス投資は果たして簡単か?という疑問を私は常々持っています。
インデックス投資系のブログなどにはインデックス投資の利点として、
「ほったらかしで手間がかからなくて簡単」
などとよく書いてあります。

これは基本的に間違っていないと思いますが、私が大いに疑問に思っているのがインデックス投資は投資期間として
「長期」
を謳っています。
長期的にインデックス投資を続けていくのは存外に難しいのではないかと私は考えています。

インデックス投資を始めるのは簡単です。
証券口座を開いて、自分で選んだインデックス投信の積み立て契約をすれば終わりです。
肝心の
・インデックス投信をどう選ぶか
・アセットアロケーションをどうするか
・リスク許容度をどう考えるか
などはインデックス投資系の書籍やブログに懇切丁寧に書いてあります。
これらを参考にしてインデックス投資を開始すれば、インデックス投資歴1年目の人も10年目の人も同じ土俵に立ったも同然です。
何せ投資先が一緒なんですから、一種の完全なパクリ投資なわけです。

さて、インデックス投資はここまでは簡単です。
これを長期に渡って続けていく場合、困難が立ちはだかります。
考えられる困難を以下に列挙してみました。

1:個別株投資をやっている人間が継続してインデックス投資よりも儲けている。しかも自分より知能が低そうな奴が(アンチインデックスとかいう馬鹿がその最たる例)
2:ぶっちゃけつまらん
3:暴落時に平静でいられない

1について
他人の儲け話を無視できる人がインデックス投資を始めた人の中で何%居るのかは分かりませんが、100%の人が無視出来るほど人間は強くないと思います。
現に私は過去にインデックス投資信者でしたが、あまりに儲からないのでインデックス投資を辞めました。
インデックス投資を辞めた後は継続してインデックス(といっても国内株オンリーなので比較対象はTOPIX)を上回る成績を出せています。

2について
これもかなり忍耐が要求されます。
私はこの怠惰に対する忍耐力という適正が無かったようで、インデックス投資を辞めています。

3について
インデックスブロガーの中にも、暴落に耐えきれずブログを辞めてしまったの人が大勢いるとの記事 を梅屋敷さんが書いています。
もちろん、インデックス投資ブログを辞めただけで、インデックス投資は継続しているのかもしれませんが、インデックス投資を辞めた人が居ないとも言い切れません。
おそらく何割かの人はインデックス投資自体を辞めているでしょう。
ちなみに3については、「そいつが自分のリスク許容度を誤認識していただけ」との批判もありますが、「リスク許容度」は完全に定量化できないものですので、上記批判が全て正しいと言えるものではないと私は考えます。


まとめます。
・インデックス投資を始めるのは簡単。
・インデックス投資を継続するには最低限、以下の適正が必要である
1:他人がインデックス(自分)より儲けていても全く気にならない
2:怠惰に忍耐力がある
3:暴落でも絶対に損切せず、規律に沿ってインデックス投資を継続できる
どうでしょうか。
全てあてはまる人間というのは存外に少ないのではないでしょうか。
少なくともこれから投資を始めようと思っている人間の半数以上は1and2の条件の時点で脱落するように思われます。
他人が儲けていたら嫌な気分になる人間が多いという結果は行動経済学の実験結果で示されていますし、
また、老後のためなどに投資する大事なお金について怠惰になれる人間ってかなり特殊だと思います。

また、3番の「規律に従う」という行動はマーケットの魔術師達が口を酸っぱくして言っている、マーケットに対峙するときの一つの奥義のようなもの。
インデックス投資を始めた人全員が規律に従うだけの胆力があるとは私には思えません。
有名なインデックスブロガーは全員規律に従って行動しているように見えますが、それは「暴落を耐え抜いた、よく訓練されたインデックスブロガーが2015年の段階で生き残っている」という生存バイアスがかかっているからだと私は考えています。


↓個人の感想と推測ばっかりじゃねーか、と思った人はクリック
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

日本選手権競輪 決勝予想

とりあえず決勝戦のメンバー

1:武田 豊樹
2:金子 貴志
3:新田 祐大
4:飯嶋 則之
5:浅井 康太
6:大槻 寛徳
7:井上 昌己
8:原田 研太郎
9:平原 康多


んで、並び
1-9-4 5-2 3-6 8-7

最終ホーム予想
361945287
または
871945236
いずれにしても武田-平原で盤石の態勢と予想
平原の調子がとても良い。
武田もレース運びの巧みさが際立つ。
というわけで、
車券は3連単
9-1-35678
折り返しなしで点数を絞る予定
うん、まったく面白くもなんともない車券。

ついでに穴予想
調子が良いのは原田で、新田もスピードは連日良い。
武田ラインを新田または原田が撃破した場合は自力足のある選手が力をためてからの最後の直線が混戦になると予想
23578
のボックス
安いのカットで

週末パフォーマンス 2015/3/20時点 & 江守and福井銀行

土曜朝イチの週末パフォーマンスをお届けいたします。

年初来自分資産:+98.539%
ぎりぎり100%には届きませんでした。
年初来の目標が+15%なので+100%とか欲張りすぎなのですが、、、

3月17日からの江守グループの下げは痛快でした。
FPGは軟調でしたが、江守グループの売りポジションのおかげで先週末比プラスを達成することができました。
3月16日には多少のギャンブルとして福井銀行の空売りポジションも持ちましたが、こちらも成功しました。
これはすでに利食いしています。
何かあればまた福井銀行の空売りを行うかもしれません。

江守グループの今後の動きについて、適当な考察をしてみたいと思います。
3月20日の江守グループの出来高は約600万株でした。
四季報の株主欄を見ると、外国法人と投信の持ち分は11~12%程度(140万株ぐらい)なので、機関投資家はほぼ全ての江守株を3月20日に損切り処分できたと思われます。
ということは、今後の江守株のプレイヤーはリバウンドと逆日歩狙いのスケベ個人ぐらいしか参戦しないということになるかと思います。
売り禁なので空売り参戦はできないため、自然と買い圧力が大きくなるんじゃないかと考えます。
とは言っても、配当も優待もない株なので長期保有するとは考えにくく、ババ抜きみたいなマネーゲームが行われるだけになると思います。
せいぜい300~400円の間でババ抜きが行われ、会社更生法などの悪材料が出ればストップ安という流れが自然だと思います。
江守に関する予想できるニュースと言えば、会社更生法、100%減資、デットエクイティスワップなどの既存株主に対してネガティブなニュースしか想像できません。
既存株主を救うポジティブなシナリオは私の貧弱な頭では描けませんでした。

Twitterで絡んでいる江守の売り方さんたちの中では、「江守の株主総会に行こう!」
と盛り上がっております。
私は株主総会で
「このような事態になってしまったのは私たち株主にも責任がある。私たち株主よりも、従業員とその家族のことを第一に考えて再建に全力を尽くして欲しい。」
と、全米が涙する発言を行いたいと思っています。
再建するにしても、もちろん役員報酬は債務超過が解消されるまでは最低限でお願いしたいところです。

福井銀行についてですが、これまでの流れを見ている限り経営陣がかなりボンクラ揃いという印象です。
江守の経営陣よりはちょっとマシかな程度。
福井銀行のボンクラ経営陣が丸め込まれて、江守の債務をメインバンク寄せさせられてババを掴むことになるかもしれません。
もしくはトロトロ決断を遅らせている間に江守が債務支払い拒否とか。
銀行団も一枚岩ではなさそうなので、江守の救済策の話が迅速に進むとは考えにくいです。
そうこうしている間に3月末の支払い期限が来てしまいます。
福井県内で、江守が降り出した手形とかがどれぐらい流通しているかもちょっと興味があります。
江守の影響で資金繰り倒産とかあり得ますから。


リスクだらけの福井銀行ですが、リスク管理体制を真っ当するために行いたい提案があります。
それは銀行でのリスク管理経験があり、統計も理解でき、統計プログラミングの知識もあるこの私を、年収2000万円の待遇でリスク管理特別顧問として雇用することです。
これで福井銀行のリスク管理体制は今より数段良くなる事が確実です。

↓最後の提案は江守の株価以上にクソ、と思った人はクリック
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村