インデックス投資家からの脱却 (アンチインデックス)

インデックス投資を嫌うブログ主による駄ブログです。

2014年03月

なぜ分散投資が金科玉条のように言われるのか

私は集中投資をしておりますので、分散投資に特に魅力は感じていないのですが、なぜ世間一般では分散投資が金科玉条のように語られるのか少し考えてみました。

↓お前は集中投資で破産しろ、と思う人はクリック
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村


分散投資の根拠となっている理論はCAPMやらの理論ですが、これらの理論は完全に「機関投資家用」の古典的な理論です。
そして、古典的な機関投資家の投資法には以下の制約があります。
1:買いポジションしか持てない
2:常に資金の100%近くを投資しなければならない
3:頻繁な回転売買は禁止
4:TOPIXやS&P500などのインデックスに負けることは許されない
5:資金量が数百億円~数兆円など

はっきり言って上記のようなガチガチの制約があれば、リスク管理の方法として「分散投資」以外に出来ることはありません。
ですので、機関投資家たちは自分たちの投資法が正当性を持つという言い訳のために「分散投資」を金科玉条にし、それが業界の慣行になったと思われます。
その業界の慣行、言い換えればある業界の狭い範囲でのみ通用する常識が、なぜか一般世界の常識になっているというのが現在の投資環境の悲劇かと思います。


私はそのような制約に囚われずに売りポジションも持ちますし、資金の半分を現金に退避することもあります。
それが裏目に出ることもありますが、資金量が小さいために好きなタイミングで損切や新規注文を出すことができます。
ですので、裏目に出た場合の傷も浅くて済みます。

もちろんプロの中に業界慣行に異を唱えている人たちもいます。
例えば、ウォーレン・バフェットは典型的な集中投資家です。
「集中投資は富を築く」とも言っています。
ウィリアム・オニールも集中投資を勧めています。
ピーター・リンチもむやみに保有銘柄数を増やすことには警鐘を鳴らしています。

上記の偉大な投資家たちも投資銘柄への調査に時間が取れない等の理由があれば、コストが安くて、よく分散された銘柄を保有する投資信託を買って放置しておいた方がいいと主張しています。
ですので、本当に時間の取れない人はインデックス投資を行えばよいと私も思います。

しかし、インデックス投資家のブログを読めば、インデックス投資家は時間がないどころか、
インデックス投資や世界経済について時間をかけてよく勉強し、それをさらにブログという文章にしてアウトプットする時間まで取れている事が分かります。
彼らの投資に対する情熱がなぜインデックス投資以外に向けないのかが私は不思議でたまりません。
インデックス投資は単なる金儲けの手段であると思うのですが、インデックス投資を行うこと自体が目的化しているような人も多少いるように思われます。

まぁ、別に人の投資行動などどうでもいいっちゃどうでもいいんですが、
「市場参加者は合理的である」
との論者であるインデックス投資家がなぜ非合理的な行動を取るのかというのが、哲学的問題として個人的には興味があります。

週末パフォーマンス 2014/3/28時点

週明けが月末になるため、これを書いた直後の記事に月末パフォーマンスの記事が出るわけですが、あまり気にしないようにしましょう。

年初来自分資産:+19.449%
新日本科学の株価がなぜ上がるのかは不明です。
あんな会社の株を買うぐらいなら、死霊の盆踊りのVHSでも買ったほうがましです。





↓クリックすると、死霊の盆踊りよりは確実に面白いブログが現れます
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

The Angry Video Game Nerdが面白い

古い動画ですが、The Angry Video Game Nerd(以下 AVGN)という動画を見つけました。
昨日の夜寝る前に「迷宮組曲」というクソ難しいファミコンゲームについて調べていたら見つけました。
面白かったのでみなさんもどうぞ。

ちなみに迷宮組曲をクリアできる気はしません。




なおAVGNではダブルドラゴン3がクソゲーとして挙げられていますが、私は良作だと思いますし、一人プレイでノーミスクリアをしたことがあります。
ただ、ラスボスは真っ向勝負で倒すのは無理で、忍者キャラを使ってハメ技を繰り出すしかまともに攻略できなかった記憶があります。

週末パフォーマンス 2014/3/20時点

毎度おなじみの週末パフォーマンスです。
年初来自分資産+18.364%

思ったより悪いですね。
3844コムチュアが下がりすぎです。
はぁぁぁ。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

大阪チタニウムの売りポジションは利益確定

kabu.com証券が昨日から今日まで終日メンテナンス中でパフォーマンスの計算が不可能なため、パフォーマンスは明日になります。
だいたい+20%程度だと思います。

↓クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


タイトル通り、木曜日に大阪チタニウムの売りポジションを利益確定しました。
木曜日はご存じのとおり日経平均、TOPIXともに下落しました。
しかし、大阪チタニウムは意味不明なことに逆行高になりました。この値動きに少し不安を感じたので大阪チタニウムの売りポジションはすべて利益確定しました。
同じチタン関連企業の東邦チタニウムチタン工業 は値下がりしているのにも関わらず大阪チタニウムだけ値上がりしているのは、ちょっと理解に苦しみました。
利益は当初の想定よりは小さかったのですが、「理解できない事象が発生しているときはポジション解消」という原則に従ったので特に後悔はありません。

自分なりに大阪チタニウムの株価上昇の原因を調べたのですが、次のニュースがもしかして関係あるかもなぁと思いました。
米連邦航空局、ボーイング787型機の安全性に問題ないとの調査結果発表
大阪チタニウムの製品はボーイング社に納入されているようなので。
しかし、はっきりとした因果関係は不明です。

大阪チタニウムのポジション解消で、売りの余力ができたので、新日本科学の売りを追加しようと思います。