インデックス投資家からの脱却 (アンチインデックス)

インデックス投資を嫌うブログ主による駄ブログです。

36_1

珍宝
30_1 (3)

9月に入社した新しい職場は、コロナ対策でリモート勤務が推奨されている。
そのため、入社初日から会社の人には会わずにリモート勤務というなかなか経験できない勤務形態を経験した。
んで、リモート勤務して一ヶ月経過した感想。

・運動不足になる
通勤で歩いたりしないからそうなる。
あと、サボらないようにできるだけPCから離れないように心がけてしまう。
オフィスなら、「トイレに行く」、「自販機に行く」、「会議室まで歩く」、「昼休みに外に食べに行く」などの行動を取るが、在宅で昼飯も自炊だとデスクとトイレとの往復しかしない。
ということで、最近では勤務時間中に腕立て伏せをしたり、スクワットをするようにしている。
それでも運動不足や姿勢の悪さに起因する腰痛は通勤している頃より出やすくなった。
腰痛対策を考えないといけない。


・ちょいちょい家事が出来るので生活満足度が上がる
サボらないようにはしているが、数分以内に完了する家事、ごみ捨て、食洗機に食器を投入、洗濯(自動で洗濯〜乾燥)などを隙間時間に行えるので生活満足度は上がった気がする。

・災害に強い気がする
通勤時やオフィス在籍時に、地震などの自然災害に被災した場合、自宅とオフィスとの距離や交通手段にもよるが、帰宅困難者になることが考えられる。
東日本大震災においては、かなりの人が帰宅困難者になり、トイレや食料、寝る場所に困ったようだ。
しかし、自宅勤務であれば帰宅している状態であり、帰宅困難者にはなり得ない。
耐震性に強い建物に住んでおり、食料などの備蓄を行っていれば、自宅は避難所よりはよほど心強い居場所である。
私の自宅はカセットボンベや食料、水の備蓄を行っているので台風だろうが地震だろうが慌てずに済む。
これはかなり心強い。
とくに家には乳幼児が居るため、この安心感はプライスレス!

・仕事とプライベートとの区別は思ったよりはっきりする
職場の労務管理が、WEB上でタイムカードを切るという運用であり、PCの状態も記録されているということで
タイムカードを切った後に働くとか、そういうことは発生しない。
タイムカードを押した後は速攻で台所の冷蔵庫に直行し、ビールを飲む毎日である。
なお、17時終業で現在は試用期間中で残業もしないため、17時からビールを飲んでいる。
忍たま乱太郎を見ながらのビールは格別。

20200915_043142


↑このページのトップヘ