インデックス投資家からの脱却 (アンチインデックス)

インデックス投資を嫌うブログ主による駄ブログです。

だいぶ間が空きましたが、前回からの続きです。
サラリーマンの可処分所得が減るという展望の中、私がシェアリングビジネスの次に注目しているのは消費者金融業界
理由は以下
・可処分所得は下がるが、生活レベルは下げにくい
・生活レベルを維持するために、消費者金融の利用者が増える
という大きな流れがあるだろうと考えるからです。
ちなみに残高的には消費者金融専業会社の残高はあまり伸びず、銀行のカードローンに押されていますが、銀行カードローンの保証会社は消費者金融会社(オリコやアコムやアイフル)なので、銀行カードローンが伸びれば消費者金融会社の資産も伸びます。
銀行カードローンの金利はだいたい14%程度ですが、消費者金融会社は保証料として7〜8%程度を徴収しています。
銀行カードローンの貸倒率は2〜3%程度なので、粗利率は約5%ということになります。
ちなみにカードローン審査の事務コストはほぼ銀行持ち、広告宣伝コストは消費者金融会社と銀行が折半などで両社持ちという場合が多いようです
銀行カードローンは金融庁からイチャモンがつきましたが、国内の事業所数は減る方向&マイナス金利という逆風の中、銀行は貸出先がないのでこれからも個人向けカードローンに力を入れていくと考えられます。
可処分所得が減ったサラリーマンが金を借りるとすれば、給与振込口座として使っている銀行のカードローンに手を出すと考えられるので、消費者金融会社から借りようが銀行カードローンに手を出そうが、いずれにせよ消費者金融会社の資産は膨らむと考えられます。
資産が膨らめば、営業経費率は下がるため、アセットの増加&営業経費が相対的に下がる
という効果でROA、ROEが増加すると見込まれます


また業界特有の流れとして
・過払返還金の顕著な減少
・調達金利の低下
がプラス要因として挙げられるので、更にROA、ROEを押し上げる効果が見込まれます。

また、ネット銀行のニュースリリースなどを見ていると、これからは個人向けだけでなくスモールビジネス向けローンに力を入れていく方向に向かっていると思われます。
スモールビジネスローンの保証会社にも、オリコ、オリックス、アコム、アイフルなどの消費者金融会社などが名を連ねており、スモールビジネスローンの拡大が消費者金融会社の資産規模を拡大させる方向に進むと思われます。
スモールビジネスローンは今までは大した市場がありませんでしたが、
クラウド会計ソフトのfreeeがジャパンネット銀行と提携して行うビジネスローンを始めており、freeeのデータを用いて市場開拓できるようであれば、他の銀行もこぞってスモールビジネスローンに参入すると思われます。

ニュースリリースを見る限りジャパンネット銀行のビジネスローンには保証会社は無く、貸出金利は8%程度ですが、この商品がうまくいき、ニーズが拡大していくと、高リスク事業者向けに保証会社を入れての高金利ビジネスローン商品が出てくると思います。
freeeの会計データを使って機械的に審査が出来るようになり審査精度が上がればなかなか利益が出るビジネスになると思います。


良い面ばかりを書いてきましたが、消費者金融業界のリスクとしては
・貸倒率の増加
・調達金利の上昇
ですが、リスクに見合った金額さえ貸出していれば、営業利益がマイナスになるほどの貸倒率の急激な上昇は、よほどの景気後退が起こらない限り起こり得ない事、景気後退が発生しても、消費者金融やカードローンの主要顧客であるサラリーマンの賃金の下落は景気後退ほどドラスティックには起こらない事を鑑みればある程度大丈夫なのかなと考えてます。
調達金利についても同様です。

投資として考えると、上場している消費者金融やその関連会社の時価総額はある程度大きいので5倍や10倍になる事は狙いにくいのが難点です。
freeeが上場するなら狙いたいですが。

可処分所得が減っていく日本での投資対象についての記事は「消費者金融」について書きたいのですが、筆が進みません

んで、読書録
地域の数十〜数百世帯程度、もしくは農業協同組合がやる地産地消レベルの事業であれば、地域にある小規模農業用水路や河川での小水力発電で賄える or 売電でまあまあの現金収入が得られる
と言う本
単なる事業化を語るだけの本ではなく、著者の地域愛(田舎好き)のようなものを感じられて良い本
著者の略歴を見ると、おそらくプロセス工学の様なものも勉強していると思われ、
「都市は効率的だが、効率を追い求めると脆弱になる」
「効率性と冗長性はトレードオフの関係」
などの記述がさらっと書かれているが本質を抑えていると思う。
具体例が書かれている小水力発電事業は一筋縄では事業化しなかったような困難な例が多いので誰でもどこでもできるような事業でないことは確か。
過疎地にIターンする若者が昔より増えているという傾向について著者は
「地域こそフロンティアであると、若者が敏感に感じ取っているからでは」と書いているが、一理あると思う。
都道府県別の成長率が総務省かどこかから発表されていたと思うが、ヒトモノカネを集めまくった東京が2%程度の成長率で、香川県とかと同レベルだった記憶。
投資効率性と言う点では田舎の方がフロンティアと言えると思う。

一部企業(半導体関連や人材派遣業)では需要増による好業績から正社員のボーナスが増えて、賃金・可処分所得が上昇しているようですが、
今後の日本のトレンドとして、社会保険料負担の増加、消費増税、円安によるコストプッシュインフレの発生により、サラリーマン世帯の可処分所得は減少すると私は考えています。
そこで、そのような状況になったときにどのような業界が儲かると皆さんが考えているのかアンケートを取りました。その結果が以下の通り。


IMG_20180715_064602


1位を獲得したのはシェアリングビジネス。
私もシェアリングビジネスは伸びると考えているので、その根拠というか私の妄想をつらつら書こうと思います。
ちなみに私はシェアリングビジネスは「自動車のシェアリング」を念頭に置いてます。
自転車のシェアリングは中国勢が日本(福岡)参入とかで少しニュースになりましたが、私は今の自転車シェアリングビジネスはあまり儲からないと思っています。単価が安いのと、自転車メンテに結構手間がかかるので。
不動産シェアはよく分かりません。

さて、なぜ自動車シェアリングビジネスが儲かると思っているのか理由を書きます。
私もそうですがサラリーマン家庭が「お金」について考えるときに真っ先に頭に浮かぶのは「節約」です。
そして、家計節約の王道はなんといっても固定費の削減。一口に固定費といっても色々あります。
・家賃等の住居費
・携帯等の通信費
・車両関連費
・習い事、ジム会費、子供の塾などのサービス費
などなど
まず家賃等の住居費を抑えるのは、はっきり言って難しいと考えてます。
賃貸の場合は家賃が安いところに引っ越せば良いのですが、引っ越し費用と引っ越し作業がクソ面倒なので心理的抵抗が非常に大きいです。
ただ、DINKSで荷物が少ないとかなら引越しへの抵抗は少ないと思います。
住宅ローンありの場合は、購入時期にもよりますがよほどの良物件でない限り、手放して引っ越そうにもローンだけが残るということになると思います。
賃貸に出そうとしても空き家リスクは常に伴い、小心者のサラリーマン仮定にはちょっとハードルが高い。
住宅ローンが無い場合でも、心理的に長年住んだ住居を手放すという選択肢は取りづらい。

携帯等の通信費はやりやすいですが、ぶっちゃけ面倒くさいわりに節約効果が少ないと思っています。
またSIMフリーとか、そういう言葉自体に抵抗がある層、理解が出来ていないは想像以上に多いです。
あと、「中国製のスマホって爆発するんでしょ?」「情報抜かれるんでしょ?」とかそういうの。


車両費は、「通勤や趣味や農作業で車を頻繁に使用していて絶対に必須」という層を除いて
自家用車であるメリットは薄いと考えています。
自家用車の運転時間中央値は0.9時間/day、最頻値は0.4時間/dayという調査結果もありますし、自家用車の保有コストを賄えるほど、自家用車を活用している人はかなり少ないと思います。
車は年々ボロくなっていき手放すことへの心理的抵抗は薄れていきますし、車検の時期に「買い替えか、保有継続か、手放すか」という選択を定期的に考えることになるため、自家用車を手放すという選択肢は常に検討されていると思います。
また、手放した時の節約効果が大きいのも車。
自動車税、損害保険、駐車場代という、使わなくても支払わなくてはいけない額が住居費以外の固定費とは比べるまでもなく大きいです。
といことで、固定費削減の向かう先は自動車関連費用になると予想しています。
しかし、完全に車両なしの生活というのも不便ですので、削減した車両費の一部が自動車シェアリングサービスに向かうと考えます。
カーシェアリングビジネスの優れているところは
・基本料金を徴収するので、稼働していない場合でもストック収入が見込める
・単位時間あたりの料金が高めで、利益率が単純なレンタカーより大きいと思われる
と考えます。
で、シェアとかユーザーアクセスとか考えたらTimesカーシェア(パーク24)の一人勝ちかと。
私も今年中に車を手放してTimesカーシェアへの加入を本気で考えてます。
ちなみにTimesカーシェアの車1台当たりの利益額は約14000円という事。
ボロも儲けではないですね。


他の業種である
・激安小売
・消費者金融
・副業支援などのコンサル
についての考えはまた機会があれば書きたいと思います。


2018/6/17に実施された、統計検定2級の試験に合格しました。
合格する実力そのものは多分6年以上前からありましたが、
・統計検定取っても給料上がらん
・統計検定自体がクソマイナー試験
・資格取っても転職・昇進とかに有利にならなさそう
ということで全く受ける気は無かったですが、今の職場では資格受験が大いに奨励されているため受けました。
実際のテストでは凡ミス、まぐれ当たり等もありましたが、多分実力で合格できたと思います。

「どうせ資格取っても給料上がらんし」とは思っていますが、
・何らかのアピールポイントにはなる
・上司や同僚は自分の知識、技能について思っている以上に分かってない
という現実がある以上、役に立たないながらも、もっと早く自分の知識を示せる資格を取っておけば、前職場での評価なりに関係があったのかもな、と思ったりしました。
勉強して結果が出るという報酬サイクルはまあまあ気持ちの良いものだと再確認が出来たので、これからもボチボチ勉強していこうかなと思ったりしてます。
ただ、統計検定2級以上になると知識の貯金だけでは苦しいです。

↑このページのトップヘ